スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    択一問題

    2014.02.09 18:45|技術士
    最近の1ヶ月ほど、技術士二次試験の択一問題に取り組んでいます。

    受験支援のために環境部門と応用理学部門の択一問題に目を通した後に、25年度に受験をスキップした衛生工学部門の択一問題に移ったところです。
    平成25年度の問題をみていると、過去問題の再利用問題が半分を占めていました。
    20問題中10問題が再利用問題でした。
    回答は20問題中15問題を選択し、合格基準は正答率60%ですから、再利用問題だけの正答でも合格基準をクリアできます。
    ただし、平成25年度の再利用問題はいわゆるリユース問題であり、今後はリサイクル問題に変わる可能性もあります。

    さて、技術士二次試験の択一試験は部門共通の必須試験になっています。
    したがって、自己の専門と異なる選択科目に係わる問題を選択しなければならない場面が想定されます。
    何らかの関連があり、過去の知見があれば良いのですが、全くの門外漢である場合もあります。
    例えば、応用理学部門の物理及び化学を選択科目とする方にとって、地球物理及び地球化学や地質に係わる知見を得る機会はあるのでしょうか。
    私の場合は衛生工学部門の建築設備系の問題がそれにあたりました。
    過去に触れることのなかった技術範囲です。

    一次試験受験の際にも同じことが言えるので大きな問題ではないかもしれませんが、専門以外の項目をどの様に抑えるかがポイントになると思います。
    出題の傾向を把握し、体系的に学習することが王道だと思います。
    ただし、門外漢の場合には傾向に気づかない場合もあるように思います。
    じっくり、慌てず関連書籍、関連文書に目を通すことが近道なのかもしれません。

    なお、今年度のように再利用問題が多ければ、過去問題に取り組むだけでも必要な正答は確保できるかもしれません。
    しかし、せっかくの機会ですから、周辺技術に関する知見を広げておくことは良いことだと思います。

    蛇足…
    技術士制度の名称表示の場合の義務。
    表示の義務は専門とする事項でも選択科目でもありません。
    部門です。
    ◯◯部門の技術士として必要な最低限度の基礎知識は身に付けておきたいように思います。

    ではまた。
    スポンサーサイト

    Comment

    非公開コメント

    | 2017.10 |
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。