スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    デジタル化

    2012.05.14 23:51|雑感
    レコ-ドのデジタル化を検討しています.

    父が亡くなり,実家の所有物を整理していたところ,
    学生時代のレコ-ドが出てきました.
    大部分のレコ-ドは今の自宅にあるか,
    社会人になってからの何度かの引っ越しの際に処分したと思います.
    実家で出てきたレコ-ドは,学生時代に所属していた音楽系サ-クルの演奏を自主制作したものです.
    その頃はCDが出始めた頃であり,レコ-ドにするか,CDにするかを議論したような覚えもあります.
    社会人になって,数年間はレコ-ド派だったのですが,
    時代の流れには勝てず,その後はCD中心になりました.

    さて,出てきたレコ-ドのうち市販されているものの多くは,
    CD化もされており,レコ-ドの他にCDとして購入したものもあります.
    しかし,自主制作したものは当然CD化されていません.
    当然ながら,このレコ-ドは,随分と長い間,聴いていないわけです.
    そこで,①思い切って処分する.②デジタル化して聴ける状態にする.の選択を迫られました.
    聴いていなかったとはいえ,思い入れのある音源ですので,
    デジタル化して聴ける状態にすることを考えました.
    さらに,①自分でデジタル化する.②サ-ビス会社に依頼する.の選択をすることに...
    自分でデジタル化するには,レコ-ドプレイヤ-から揃える必要があり,
    また,満足いくデジタル化が出来るとも限らず却下.
    したがって,サ-ビス会社に頼むことを検討しています.

    ところで,音源のデジタル化は,いわゆる”自炊”の範疇であり,
    しばらく前に著作権上,問題になっていることを思い出しました.
    ということで,情報収集です.

    以下引用
    著作権法(私的使用のための複製)
    第三十条  著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

    引用終わり

    今回のポイントは,”その使用する者が複製することができる”だと思います.
    自分でデジタル化することは問題になりそうにありませんが,
    私の調べた限り,サ-ビス会社に依頼することは現時点ではグレ-のようです.

    文化庁のHPに「著作権法第30条に係る論点の整理」なる資料があり,
    以下引用
    「その使用する者が複製することができる」について
    ○ メディア変換についての強いニーズがあることや、私的領域内での使用を目的とした複製である限り、権利者に新たな経済的損失が生じる可能性は低いことから、利用者の手足として複製していると評価できる場合等には、利用者以外の者が物理的に複製行為を行うこと等を認めるべき。(JEITA、同旨知財協)
    ○ いわゆる手足理論を用いて30 条の範疇だと言い張る業者があり、30 条に当該理論を用いることに反対。(書協・雑協)

    引用終わり

    団体によって,主張が異なっていることが分かりました.
    最終的には,著作権者の利益を侵害したくないのですが,
    今回のやり方は,私的利用の範疇であり,
    その方法は”手足理論”として考えて差し支えないのではないかと考えています.
    しかし,実際のところはどうなのでしょうか...

    ではまた.
    スポンサーサイト

    Comment

    非公開コメント

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【デジタル化】

    レコ-ドのデジタル化を検討しています.父が亡くなり,実家の所有物を整理していたところ,学生時代のレコ-ドが出てきました.大部分のレコ-ドは今の自宅にあるか,社会人になってからの何度かの引っ越しの際に処分したと思います.実家で出てきたレコ-ドは,学生時代...
    | 2017.06 |
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。