スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ゼロの概念

    2011.05.26 23:29|雑感
    最近の報道を見ていて,いろいろ感じ入るところがあります.
    その中でも気になったのが「ゼロ」の概念です.

    例えば,ある分析方法である物質の濃度が,
    「不検出(検出せず)」であった場合,
    環境測定や分析の知識がない人は,
    「その物質は含まれていない」とか,
    「その物質の濃度は”0”である」
    ととらえるかもしれません.

    一方,測定や分析の知識がある人ならば,
    それは,検出下限値未満や定量下限値未満であり,
    下限値未満の数値では含まれる可能性があり,
    当然,”0”と”0.0”の違いも認識することができると思います.

    似たような例は,「可能性」の話をする時にも表れるようです.
    特に,理系の人間は,少なくとも私は,
    「可能性は”ゼロ”です.」
    と言い切ることがなかなかできません.
    先程の”0”と”0.0”の話と同様です.

    また,語句の定義を気にする場合もあります.
    報道で「○○をこのように定義すれば,そういうことです.」
    という発言を聞きました.
    その定義の意味が正しく伝われば良いのですが,
    誤解を産んでしまう場合もありそうです.

    このような,とらえ方の違いを意識することは,
    リスクコミュニケ-ションを行う上で,
    非常に重要だと思いました.
    また,時と場合によっては,理論的に正しくなくても,
    わかりやすい言葉を使うことも必要なのではないかと考えます.
    実行するのは難しそうですが...

    ではまた.
    スポンサーサイト

    テーマ:思うこと
    ジャンル:学問・文化・芸術

    Comment

    非公開コメント

    | 2017.04 |
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。