スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    技術士 建設部門(建設環境) 過去問題分析

    2011.05.20 22:24|技術士
    前回の続きです.
    今回は建設部門(建設環境)の過去問題分析です.

    【建設部門(建設環境)】:平成19年度~22年度を中心に分析

    <建設部門一般>:2設問中1設問選択
     設問は以下のようにグルーピングできると思います.
    社会資本整備(視点:防災・減災,低炭素社会,アセットマネジメント,人口減少)
    技術経営(視点:海外社会資本整備,技術力維持(解析),技術力維持向上,技術力維持継承)

     社会資本整備の設問の記述の仕方は様々ですが,基本的には,
    「現状を述べ,課題をあげ,解決策を示せ」に集約できそうです.
     特に,平成19年度以降は設問がやや親切になったと感じています.
     現状については一定の基礎知識が必要ですが,
     社会資本整備の解決の方向性はそれほど広くはないと考えています.
     つまり,ハード対策とソフト対策,重点化と簡素化,効率化,
     アセットマネジメント及び低炭素化社会などの他の配慮事項に係る
     解決の方向になるのではないでしょうか.
     そう考えると,課題は設問の視点にあわせて記述する必要がありますが,
     解決策はどのような設問がきても大きくは変わらないと思います.

     技術経営の設問は,技術力の維持・向上・継承が大きなテーマになっていましたが,
     昨年は海外社会資本整備になりました.
     技術経営に係る設問と捉えた設問だと思います.
     海外社会資本整備はPPPや国際展開などが話題になっていた時期を得た設問だったと思います.
     国土交通省から出された資料に注意しておく必要があると思います.

    <建設環境専門A>:2設問中1設問選択
     以下の視点での設問が出されています.
    生物多様性・環境影響評価制度/環境影響評価制度・再生可能エネルギー/
    21世紀環境立国戦略・ISO14001/戦略的環境アセスメント・地球温暖化対策
     外される可能性はあるものSEAを含めた環境影響評価制度については確実に抑えておくべきだと思います.
     また,環境全般との関連では,
     既出の生物多様性,再生可能エネルギー,21世紀緩急立国戦略,環境管理(ISO14001),地球温暖化対策
     のほかに,
     第3次環境基本計画,環境経済成長ビジョン,循環型社会形成推進基本計画などと建設事業の関係を
     抑えておくべきだとも思います.
     また,平成18年度以前には,環境影響評価制度,循環型社会,ヒートアイランド現象,美しい国づくり,
     主体別の果たすべき役割の視点での設問がありました.
     
     設問の形式は「現状・背景・概要を述べ,課題・留意点を挙げ,解決策を示せ」に集約できそうです.
     この2設問は建設環境一般と呼べる設問かもしれません.

    <建設環境専門B>:7-8設問中1設問選択
     設問は以下のようにグルーピングできるように思います.
     ただし,他(建設発生土,建設リサイクル)については,
     平成22年度,21年度には出題されませんでした.
      道路・沿道環境(騒音・振動・大気)
      都市緑化(低炭素都市・生物多様性・緑化)
      都市計画(景観・容積率・集約型都市・景観)
      鉄道環境(GHG,騒音・振動)
      海岸・沿岸環境(自然回復再生・侵食)
      電力事業環境(低炭素社会・原発・地球環境)
      河川環境(外来種,多自然型,自然再生)
      水質環境(水生生物・湖沼・公共用水域)
      他(建設発生土,建設リサイクル)
     設問の記述は様々ですが,やはり,
     「現状・背景・概要を述べ,課題・留意点を挙げ,解決策を示せ」に集約できそうです.
     自己の専門が上記のグループに区分できるようであれば,それほど悩む必要はありませんが,
     境界領域を専門にしている場合には,
     自己の専門とは無関係でも記述できる設問を別途準備しておくべきだと思います.
     特に現状・背景・概要は知っているか知らないかの2つに1つです.考えても出てきません.

    ではまた.
    スポンサーサイト

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    Comment

    非公開コメント

    | 2017.05 |
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。