スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    技術士(環境,総監) 受験動機

    2010.02.09 21:29|技術士
    技術士(総監・環境)受験動機についてまとめておきます.



    【動機】
    業務上技術士の資格の必要性はなく,
    建設部門でいわれているような業務上のメリットはありません.
    したがって,技術士の資格取得の動機は自己研鑽などが中心となります.


    【自己研鑽の目的】
    ・資格取得の率先垂範
      部下に対して,私も資格取得を進めるから,あなたも頑張って。
    ・他の環境系資格の取得
      特に環境計量士(濃度関係)を取得し,次の資格取得の目標の一つにしました。
      技術士に対する憧れもあったと思います。
    ・知識の体系化及び拡大
      断片的な知識を取りまとめたかったのと,新たな式を拡充し業務推進のヒントにしたいと考えました。
    ・実力の確認
      私の技術力は技術士として認められるのか。


    【ふんぎる】
    受験を検討した年には,一級施工管理技士の2次試験と,技術士1次試験の日程が連続になる年でした.
    虻蜂取らずとなってしまっては...とも思いましたが,
    技術士の資格を取得するには1次試験・2次試験と最短でも2年越しになってしまうこと,
    一級施工管理技士の2次試験は,1次試験からみっちりと学習した方が合格のする可能性がたかくなるだろう
    と判断して,受験を決意しました.


    【口頭試験では】
    環境部門、総合監理部門ともに口頭試験では技術士受験の動機を尋ねられました。
    以下のような内容を答えました。
    ①技術力の第3者証明を得ることで初対面の顧客に安心感を与えたかった。
    ②技術の体系化をし、資質の向上を図りたかった。
    ③部下への資格取得の率先垂範
    ④大げさかもしれないが,社会貢献

    それではまた。
    スポンサーサイト

    テーマ:司法試験・資格試験・語学試験
    ジャンル:学問・文化・芸術

    Comment

    非公開コメント

    | 2017.09 |
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。