スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    口頭模擬試験

    2012.11.29 23:59|技術士
    模擬口頭試験の面接官をしてきました。

    1日で7名の方の模擬試験をしてみて、あらためて、様々な気付きがありました。
    ・しゃべりすぎ
    私もしゃべりすぎる傾向があると認識しています。
    聞かれた事に端的に答える事が大切です。助ける為に質問の仕方を変えようにも、話続けられると質問ができませんでした。
    得てして、自信のないところでしゃべりすぎる傾向あるようです。
    理解していることだけを端的に答える様にすべきだい思いました。

    項目ごとに感じたことを…
    ・経歴説明
    経歴票の説明をする方と経歴の説明をする方にわかれているようです。
    経歴票の説明では、ほとんどの方が事実だけを読み上げるように説明していました。
    ただし、経歴ごとの課題や苦労した点を説明された方が居られ、これにはなるほど…と納得してしまいました。
    ただ、簡潔に説明するのは難しそうです。
    経歴の説明、私はいつもこのパターンです。経歴票のキーワードを入れながら塊として説明しています。模擬試験では少数派のようでした。
    ・体系的専門知識
    面接官役をして、体系的専門知識は技術的体験論文の中での質疑がやりやすい様に感じました。
    専門分野とその周辺に関連する知識の確認が必要だと思いますが、思い返すと準備したことを聞かれたことはありませんでした。
    地力勝負なのかもしれません。
    ・技術に対する見識
    あなたの専門分野で注目しているトピックは?という質問に対して、ほとんどの受講生が的確に答えていました。
    建設(建設環境)、応用理学(地質)の口頭試験では、同様の質問がありましたが、環境(環境保全計画)、総監(環境)の時にはネタを振られました。
    なんらかの準備はしておくべきだと思います。
    ・技術者倫理、技術士制度
    反倫理的事例、技術士法についてはどの受講生も問題無いように思いました。
    頭が真っ白にならないように、落ち着いて答えれば良いと思います。

    中には、マズイと感じる方もいましたが、十分に逆転可能だと思います。
    また、早い方は今週末に口頭試験があるようです。
    是非とも口頭試験を突破して最終合格をして欲しいと思います。

    ではまた。
    スポンサーサイト

    他人の論文

    2012.11.22 21:54|技術士
    模擬口頭試験の準備で7名の方の技術的体験論文に眼を通しました。

    部門も科目もバラバラで、私の専門と合致していないのですが、中には、これでいいの?と感じる論文もありました。
    そのような論文の特徴は、課題と問題点が不明確であることにあるように思います。
    特に、問題点の抽出が不十分な場合に、解決策が何を解決したのかがわからなくなっています。
    どこが技術士に相応しいのかが、論文を読んでいてわかりませんでした。
    模擬口頭試験では、これらの疑問を質疑したいと思います。

    また、公務員の方の技術的体験論文では、本当にあなたの提案なのか?という疑問があります。
    コンサルタントからの提案なのか、あるいは、自己の提案なのかを立場と役割から質疑しようと思います。
    極端な質問として、コンサルタントの役割を質問してみても良さそうです。

    一方でしっかり記述できている論文に対しては、確認の質問に終始しそうです。
    ボロを出さなければ、問題なしと判断することになりそうです。

    この様に見ていると、事前に大まかなレベル分けが成されて、実際の口頭試験でその確認を行なわれているような気がします。
    そのように考えると、質疑内容で十分に逆転は可能だと思いますし、逆に落とされてしまうこともありそうです。

    さて、私の場合…
    ポイントは、環境測定の技術士に相応しいかに尽きるように考えています。
    環境測定に立脚した技術者であることをアピールしたいと思います。
    また、技術的体験論文のどこが技術士として相応しいのかを明確にしておこうと思います。

    ではまた。

    準備すべきこと

    2012.11.18 22:00|技術士(環境)
    口頭試験準備をスタートしました。

    今更ながら、筆記試験の再現と未選択問題の確認、筆記試験資料の整理を行いました。
    筆記試験の再現は問題用紙に書いたメモ、骨子、章立てから再現しました。
    再現した答案の自己評価は、"よく筆記試験を通過したなぁ…"というもので、筆記試験直後の感覚と同じものでした。
    ギリギリの筆記試験通過だと思いますので、心してかかる必要性を再認識しています。

    未選択問題と筆記試験資料は、"自己の専門の範囲で、環境測定の技術士として知っているべき事項"という観点で確認、整理しました。
    これまで受験した口頭試験では、科目全般に渡るものではなく、自己の専門の周辺知識についての質疑が多かったように思います。
    毎年、科目全般を意識して準備していましたが、今年は自己の専門の周辺知識に特化して準備するつもりです。
    サプライズで対応できない可能性もありますが、この機会に周辺知識を拡充することは業務遂行上、有意義だと考えています。

    何やかんやいって、この時期が一番楽しいと感じています。

    ではまた。

    結果2

    2012.11.13 21:01|資格取得
    先日受験した知的財産管理技能検定3級の正答発表がありました。

    自己採点をしたところ、学科80%、実技90%の正答率でした。
    致命的なミスがなければ、合格になると思います。

    TOEICと同様に自己研鑽を目的とした受験だったので、合否はそれほど重要ではないものの、自己研鑽の結果が形になると嬉しいものです。
    今回の取り組みは業務に全く役に立たないわけではなく、知財関係の話をする時のコミュニケーション力向上に活かされると思います。
    なんせ、これまでは、言葉の意味があやふやなまま、話をしていましたから…

    さて、次ステップの2級は、タイミングを見て受験を検討するつもりです。
    今回の様な短期間ではなく、時間をかけた準備が必要だと考えています。

    ではまた。

    結果1

    2012.11.13 21:00|TOEIC
    先月受験したTOEICの結果発表がありました。

    TOEICのスコアは残念な結果でした。
    昨年に比べて、Readingは思いのほか良い結果で+20ポイントでした。
    一方、Listeningは思いのほか悪い結果でー50ポイントでした。
    したがって、Totalー30ポイントでした。

    しかし、Readingが向上したことと、ここ最近L>Rと良いバランスだったのがLスコアダウンでモチベーションが下がるかな、とも思っていたのですが、何とかやる気を維持できそうです。

    ただし、Readingの伸びがわずかであったこと、Listeningの大幅な低下したことの原因を分析して、今後の学習に活かしていきたいと思います。

    ではまた。

    知財検定終了

    2012.11.11 21:16|資格取得
    知的財産管理技能検定3級を受験して来ました。

    これまで経験したことはありませんでしたが、
    取得済みの資格から初めて聞く資格まで、試験が盛り沢山の会場でした。
    RCCM、高圧ガス、下水道技術、美術検定、何かの学会、大学受験模試、
    そして知的財産管理技能検定…
    電車の中では、秘書検定の参考書を開いている方もちらほら…
    沢山の人が色々と取り組んでいるのをみると、
    いつもの事ながら、モチベーションアップに繋がります。

    さて、知財検定3級ですが、なかなか難しかったというのが、率直な感想です。
    3択にもかかわらず、消去法を多用してしまいました。
    やはり、十分に理解していない証拠です。
    さらに、設問が適切なもの、不適切なものを選択させるため、
    ◯、×、?だと、設問が何を求めているのか忘れてしまって、
    設問と逆の解答をマークしてしまうこともありました。
    やるべきことは、まだまだあるようです。

    明日には正答が発表されるようですので、自己採点をしてみます。
    ところで、ネットの無かった頃には、自己採点ををした記憶がありません。
    当時も正答発表ってあったのでしょうか?

    ではまた。

    知的財産管理技能検定

    2012.11.08 19:53|資格取得
    ぼちぼちと知的財産管理技能検定3級の準備をしています。

    TOEIC、技術的体験論文と忙しかったこともあり、準備を始めたのはごく最近でした。
    特許、実用新案、意匠、商標、著作権など、なんとなく理解していたのですが、今回の取り組みで理解が深まりつつあります。
    ただし、過去問題に取り組んでいると日本語が理解できないことがあり、まるで複雑な英語の構文を読んでいるような気になります。
    例えば、二重否定で設問が記述されていたりすると大変です。
    また、いわゆる引っ掛け的に感じる問題にも苦労しています。
    これは理解が不十分であることが原因で、しっかりと理解していれば、一目瞭然だと思います。
    やはり、まだまだ準備不足なのでしょう…

    とはいえ、試験まで3日しかありません。
    どのように考えても、十分な準備にはなりそうにありませんが、それはそれとして、折角の機会を活用したいと思います。

    ではまた。

    論文提出

    2012.11.05 23:59|技術士(環境)
    締め切り前日に技術的体験論文を郵送提出しました.

    結局,大幅な修正はせずに,骨子を変えたバ-ジョンを3種類作成し推敲を重ねました.
    口頭試験でのプレゼンをそれなりに意識しながら仕上げたので,
    現時点では,満足できるレベルだと考えています.
    ついでに,経歴説明の骨子も仕上げました.

    理想的な順番とは逆になっていますが,
    経歴票の記述内容に合わせた代表的業務の骨子の取りまとめに入ります.
    ここまでは良いとして,毎年心配してしまうのが,”体系的専門知識”です.
    専門分野を外れた質疑は想定せずに,
    自己の専門分野として,受験科目の技術士として,当然答えられるはずの知識を,
    再整理しておこうと思います.

    これまで聞かれたことはありませんが,筆記試験の問題についても,
    少しは調べ直せたらと考えています.

    口頭試験まで,1ヶ月余りですが,この時期の学習が最も実務につながるように感じています.

    ではまた.

    ライブ

    2012.11.03 23:48|遊び
    ”TULP”のライブに行ってきました.

    一昨年前の財津さんのライブに続いて,久しぶりのこの手のライブでした.
    ステ-ジも客席もおじさん,おばさんでしたが,薄暗い会場では若者(?)のように感じました.
    さすがに,2部構成となっていて,途中で休憩もあり,
    それなりの時の経過を感じてしまいました.

    選曲は”ベスト盤”の感があり,非常に楽しめました.
    特に後半は,たまらないっっ!!という感じで...
    最後は,お決まりの”魔法の黄色い靴”の大合唱.

    う~ん,楽しかった.
    今回はデビュ-40周年を記念したツア-でした.
    さて,次はどうなることか...

    ではまた.

    課題と問題点

    2012.11.01 23:59|技術士(環境)
    短期集中での技術的体験論文の作成に苦労しています。

    筆記試験の合格発表後、すかさずVer.1を作成し、
    数度の推敲を重ねて来ました。
    そろそろ、仕上げに入りたいところですが、
    課題・問題点に対する根拠付けを確認していたら、
    課題・問題点が不明確であることが判明しました。
    いわゆる業務報告の様な作文になっていました。

    やったことには自負があるので、
    そこにたどり着いたプロセスをキッチリと記述していく必要があります。
    ということで、骨子を変更したVer.2に取り組んでいます。
    Ver.2では、なぜ課題なのか、なぜ問題点なのかの観点を
    明確に記述するようにしています。
    これで課題・問題点が明確になると思うのですが…
    いつもの事ながら、問題点が新たな課題になってしまうという
    堂々巡りにならないようにすることが苦手です。
    技術的体験論文の提出期限まで残りわずかです。
    最後までできる限りの修正を行います。

    ではまた。
    | 2012.11 |
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。