スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    一週間後

    2012.07.29 23:57|技術士(環境)
    一週間後は技術士二次試験です。

    引き続き、これまでにまとめた資料の最終まとめを行っています。
    本来なら、まとめ終わって、抜けがないか確認する時期だと思うのですが、
    今年はそこまでたどり着けそうにありません。
    準備不足は仕方がないので、
    残り一週間で進めてきた準備を無駄にしないようにしたいと思います。

    しかし、今回は過去問題を含めて、答案作成練習はしない予定です。
    別部門の受験支援でのコメント作成が論理的な答案作成準備になっていると思います。

    合格しても不合格になったとしても、
    来年度もチャレンジするんだろうとひとごとのように考えています。
    ただし、来年度は試験制度が変わるようなので、
    それに合わせて事前の準備も修正する必要がありそうです。

    ・技術的体験論文が廃止になり、経歴票に詳細(?)を記述する。
    ・必須科目が択一になる。
    ・専門科目の設問形式が変わる可能性がある。
    ・口頭試験は経歴票と筆記答案に基づいて行われる。
    という所が大きな変化でしょうか。

    したがって、受験申し込みのための準備が
    これまで以上に重要であるとともに、大変そうです。
    また、口頭試験の準備として筆記答案の再現も必要になりそうです。
    ちなみに、過去の筆記答案の再現は、骨子レベルでしかやっておらず、
    完全な再現はしたことがありません。
    さらに、口頭試験で筆記答案のことを質問されたこともありませんでした。

    来週の試験で、筆記答案再現の練習をしてみようとも考えています。
    また、試験の結果がどうであれ、技術的体験論文は仕上げておいて、
    来年度の経歴票作成の下準備としたいと思います。

    ではまた。
    スポンサーサイト

    あらためて感じました

    2012.07.28 23:02|雑感
    数年ぶりに宮城県に行ってきました。

    仙台駅のコンコースには七夕まつりの飾り付けがあったり、
    中心部では震災の影響が目につかないように感じました。

    ただし、郊外に行くと、あちらこちらで復興工事をしていたり、
    瓦礫を保管しているところがあったりしました。
    また、一部では、曲がった鉄の柱や壊れた壁、
    高さ数mの所にある汚れの痕跡など津波の爪跡が見られました。

    宮城県はこの春亡くなった父の故郷でもあり、
    5年ほど前には、一緒に訪れました。
    あぁ、一緒に行ったなぁ…という景色に出会うと、
    少し感傷的になったりもしました。

    日常の生活の中では、被災地のことを実感することはほとんどないのですが、
    実際にその一部を見ることで、何かできることはないのかと再考したいと思いました。

    頑張れ!東北

    ではまた。

    この時期の不安

    2012.07.25 23:38|技術士(環境)
    例年この時期は不安になってしまいます。

    自信を持つことができる準備が整っていれば不安は感じず、
    逆に楽しみになるのかもしれません。
    一方、全く準備をしていなければ、楽しみもなく、かつ、不安も感じません。
    それなりに準備はしたけれど、とか、
    不十分な準備となっている時に不安を感じるようです。
    初めて技術士試験を受験した時には、
    かなり十分な準備ができていたにもかかわらず、
    不安を感じていました。
    受験後も、採点基準や合否の感覚がわからず、合格発表まで不安でした。

    今時点での自己評価は、それなりに広い範囲を俯瞰できるようになったけれど、
    知識のレベルは浅いといったところでしょうか。
    恐らく、不安なまま筆記試験を受験し、
    筆記試験が終わった後は、やってしまった感が残りそうです。
    しかし、残り少ない時間を有効に、かつ、精一杯取り組むしかなさそうです。

    ではまた。

    残すところ2週間

    2012.07.22 22:18|技術士(環境)
    技術士試験まで2週間となりました.

    2冊目の書籍を読み終え,最終とりまとめに入る前に,
    過去問題に対するメモを作成しています.
    抜けだらけという感じですが,今さらどうすることもできません.

    再度,過去問題の構成を意識しつつ,
    これまでに取りまとめてきたメモを再構築し,
    関連項目の体系化と記憶に留める作業に移ります.
    2週間で新しい取り組みをすることもできなくはありませんが,
    これまでの学習成果を無駄にしない方に力を入れて取り組むつもりです.
    本番では,記憶していないことは記述できませんので...

    ただし,これまでの学習は専門対策を行ってきたので,
    必須対策として,環境基本計画には再度目を通しておこうと思います.

    ここに来て,計画的な事前準備の大切さを感じています.
    昨年まではそれなりにこなせていたと思います.
    今年は,1ヶ月遅れと言うところでしょうか.
    やや悔いが残りそうですが,残り2週間を有効に使うつもりです.

    ところで,今回の学習の成果は,業務でも役立っています.
    一段突っ込んだ+αの知識は,日常業務にも深みを与えてくれるようです.

    ではまた.

    説明会を聴講して

    2012.07.18 22:05|環境
    2つの説明会を聴いて来ました。

    ひとつは環境測定の精度管理、もうひとつは生物多様性国家戦略でした。

    精度管理の方は技術的でした。
    統計的な手法を用いた評価をした上で、操作等の影響について具体的な説明がありました。
    ある意味、測定上の重要なノウハウが詰まっており、私にとっては非常に聴講した意義がありました。
    ただし、残念なことがひとつ。
    3人の講師が1人約1時間ずつ説明したのですが、そのうち1人の方は、ボソボソとなにを言っているのか分からない状態でした。
    質疑の時には、それなりにはっきりと話されていたので、なおさら、残念でした。
    私も時々、講演等で話す機会があります。
    聴講者に伝わる様に、はっきりと話すことに、今一度、留意したいと思います。

    もうひとつの生物多様性国家戦略の方は、話題が生物多様性であること、そして、国家戦略であることから、全体的に、モヤっとした内容でした。
    項目が広範に渡ることも理解を妨げているように感じました。
    しかし、全体の半分以上の時間を割かれた質疑は非常に良かったです。
    国家戦略の位置付けについて理解が深まりました。
    また、このような説明会ではあまり感じることのなかった、応答者の環境行政に対する想いを感じることができ、感動してしまいました。

    13時から20時半まで、途中で会場移動を挟み、結構ハードな説明会の聴講でしたが、有意義な時間を過ごすことができました。

    ではまた。

    考えさせられます

    2012.07.17 23:29|環境
    新聞の社説からの引用です。

    「スモッグの中のビフテキよりも、青空の下の梅干しおにぎり」
    公害の反省はいずこ 四日市の判決から40年

    大気汚染が問題になっていた頃のスローガンだそうです。

    ではまた。

    心の余裕

    2012.07.15 23:59|技術士(環境)
    受験票が届きました。

    今年度は受験会場が変更になり、昨年度までの受験会場での受験にはなりません。
    今年度の受験会場は、計量士試験が行われている場所なので、都合3回は行ったことがあります。
    この年になってなんですが、試験会場の様子を知っているか知らないかで、
    精神的な落ち着き方が少し違うように思います。

    さて、筆記試験当日ですが、何度受験してもやはり緊張してしまいます。
    設問を読んだ段階で初めの焦りが、
    骨子を考えている最中に二番目の焦りが、
    そして、途中まで書き進めた段階で最後の焦りがやってきます。
    書き進めた段階での焦りは、開き直るしかありませんが、
    骨子作成中の焦りは、無理にでも気持を落ち着かせるしかないようです。
    ここで、焦ってしまっては、間違いなく支離滅裂な答案になってしまうと思います。

    そこで、特に2問選択することが多い専門問題では、
    まずは、自信のある方を記述してから、2問目に移るようにしています。
    自信のある方は、ある程度焦っていても、それなりに記述出来そうなこと、
    1問目の答案を仕上げるまでには、緊張感は少なくなること、
    そして、2問目に移る前に自主的なトイレ休憩を取るようにしています。

    色々考えながらも、少しでも平常心で答案を記述できるように工夫しています。
    というわけで、勝手のわかった受験会場は、ほんの少しですが、
    精神的な余裕を与えてくれます。
    とは言え、何といっても、設問要求事項を満たした論理的な答案を記述することが必要です。
    そのためにも、最低限の知識の拡充と本番での骨子作成が重要です。

    昨日、今日は実家の法事で学習する時間を取ることができませんでしたが、
    明日は無理をしてでも、学習時間を確保したいと考えています。

    ではまた。




    読みやすい文章

    2012.07.11 23:57|雑感
    技術士受験支援として,いろいろな答案例を読んでいて,
    読みやすい文章について考えさせられました.

    基本は,「読み手の思考をいかに誘導するか」にかかっているように感じました.
    誘導するためには,やはり,論理展開が重要です.
    何が課題で,なぜ課題なのか.
    課題を解決するための問題点は何なのか.
    そして,克服するには何が必要なのか.
    その解決策は妥当か、他に問題点はないのか.
    などを明確に記述することで、論旨が理解できるとともに,
    納得させることができるように思います.
    ある意味,読み手の期待を裏切らない文章が読みやすい文章なのかもしれません.

    プレゼンでは,図表,要点の箇条書きで,資料を取りまとめることが多いです.
    このような資料の作り方に慣れてしまうと,要点は明示されていますが,
    ツナギの部分,何故そのように考えたかなどが,得てして資料には落とし込まれておらず,
    口頭で説明して済ませてしまうように思います.

    そういえば,セミナ-等で事前にプレゼン資料に目を通す機会があっても,
    実際の講演を聴くと,事前にイメ-ジしていたことと異なることがあります.
    また,講演中は分かった気になるのですが,事後に資料に目を通しても,
    あれれ...?と言うこともあります.

    プレゼン資料という位置付けでは,良いのかもしれませんが,
    普段から,行間を意識するというか,読んでわかる資料としての配慮を
    意識的に行っていくことの大切さを再認識しました.

    ではまた.

    時間の使い方

    2012.07.07 23:46|雑感
    ここのところ、出張が増えています。

    一時期、少なくなった出張が、増えつつあります。
    コストを抑えた移動時間の有効活用として始めた資格取得の学習でしたが、
    最近はそれほど有効につかえていません。
    スマホを持つようになってから、ネットを閲覧したり、
    ブログ記事をまとめたりと、遊んでしまっています。

    時にはゆっくりしても良いのではないかと思いつつ、
    貴重な学習時間を無駄にしないように意識していくことと、
    習慣付けを行っていく必要がありそうです。

    日常の業務の中から得られる知見にしても、
    意識すること、+αを調べることを習慣化することが大事だと思います。
    1、2ヶ月では大きな差は出ないかもしれません。
    1年、2年と継続することで大きな差が出てくるのではないでしょうか。
    そんなことを考える今日この頃です。

    ではまた。

    悩み

    2012.07.01 23:56|技術士(環境)
    7月になってしまいました。

    やりたい事、やるべき事を明確にしないまま、前に進んでいます。
    現時点では、できる事を進めるしかありません。
    ただし、この半年間を思い起こすと、それが精一杯であったと思います。
    と、自分に言い聞かせながら、取り組んでいます。

    例年に比べて、準備の遅れは明らかです。
    7月にはそれまで蓄積していた資料を取りまとめる作業に入っていましたが、
    今年は、まだまだ、蓄積すべき資料が残っています。
    ここまできてしまうと、効率よくやらざるを得ない気がしています。

    考え得る効率化は、既に絞り込んでいる学習テ-マを、
    さらに絞り込むことぐらいしか思いつきません.
    こんなことで良いのかなぁとも思いますが、
    いかがなものなのでしょうか...

    ではまた。
    | 2012.07 |
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    06 | 2012/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。