スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    製本準備

    2012.02.29 22:42|D
    大学に提出する論文の製本の準備をしています。

    提出部数は3部なのですが、お世話になった先生や関係各位への贈呈のため、
    そこそこの部数に製本する必要があります。
    ということで、ネットで製本屋さんをいくつか当たってみました。
    ラフなものからそこそこ詳細なものまで、様々な見積り例がありました。
    いくつかのケーススタディーをしてから、
    とある1社に見積り依頼をかけました。

    ところで、肝心な論文の方は、繰り返し、校正を行っているところです。
    見直すたびに、ちょこちょこと修正箇所が出てきます。
    もうしばらくは、地道な作業の繰り返しになりそうです。
    しかし,このような作業は苦手です...

    ではまた。
    スポンサーサイト

    一週間後になりました.

    2012.02.26 23:36|技術士(応用理学)
    今週末も色々とあり,学習時間はゼロでした.

    それはそれとして,技術士試験の合格発表まで一週間です.
    何となくそわそわして来ています.

    技術士という資格は他の資格にないものを感じさせてくれています.
    私の場合,技術士という資格により可能になる業務がない,
    いわゆる名称独占資格にも係らず,
    技術士法の中で明確な資質の向上が掲げられているためか,
    常にCPDを意識しているように感じます.
    さらに,技術士会,企業内技術士会,受験支援組織などの
    技術士間の連携を感じています.
    技術士間の連携については,感じているだけではなく,
    今後,積極的にかかわっていきたいと思っています.

    このような気持ちになる資格は,珍しいのではないでしょうか.
    私が思うに,技術士法にある法の目的、定義に基づいて,
    各技術士が行動している結果のように思います.
    何をするにしても,技術士としての責務を意識することで,
    何かに取り組む原動力になっているようにも感じます.
    何にせよ,技術士と言う単なる資格ですが,
    私にとっては,重要なモノになっている気がします.

    来週の合格発表の結果はともかく,
    一歩一歩,前に踏み出していく姿勢を貫き通したいものです.

    ではまた.

    論文最終校正

    2012.02.22 23:44|D
    先日,大学に提出した論文の公聴会がありました.

    いい加減に作ったプレゼン資料の割りには,
    発表時間概ね時間通りの60分に調整することができました.
    その後,30分間の質疑応答を行いましたが,
    皆さん気を使ってくれたのか,手厳しいものはなく,
    当然,配慮しておく事項や考慮しておく事項についてでした.
    これらについては,論文の抜けでもあるため,
    印刷・製本に備えて,公聴会で指摘された事項の修正をしています.

    ただし,修正していると,あちらこちらに修正したいことや,
    改めて,検討したいことなどが出てきてしまいます.
    今さら抜本的な変更はできないので,
    新たに気付いた点は今後の課題としたいと考えています.
    何にせよ,考え抜いたつもりでも,
    抜けがあることを自覚することの重要性を再認識しました.

    ではまた.

    やはり移動時間

    2012.02.20 18:57|雑感
    やはり、移動時間を活用した学習時間の確保は私にあっているようです。

    出張では間違いなく、移動時間が発生します。
    定期・不定期な出張ですが、この時間を活用することはそれ程難しくありません。
    最近は業務後に図書館やファミレスで学習することも多いのですが、
    少なからず、気合を入れて開始することになります。
    習慣にしてしまえば、苦になりませんが、
    習慣が崩れてしまうと元に戻すことが大変です。

    その点、出張は業務なので、
    否応なく移動時間がついてきます。

    今日は移動中の一コマを。
    良い天気でした。

    ではまた。

    色々と...

    2012.02.19 21:31|雑感
    色々とあり今週末の自己学習はゼロに終わりました.

    自己学習時間の確保は何とかしないといけない課題ですが,
    それはともかくとして,
    いつの間にか,技術士試験の合格発表まで2週間と迫って来ています.
    一年がかりの技術士試験の総決算です.
    口頭試験の合格率がそれほど低くないとはいえ,
    やはり,合格発表が近付くとドキドキするのは変わりません.

    そういえば,環境計量士の試験も残すところ2週間です.
    受験される方は頑張ってほしいと思います.
    私にとっての環境計量士試験は
    資格取得を通した自己啓発のきっかけとなった資格であり,
    それなりの思い入れのあるものになっています.
    機会を見て,そのきっかけについて記してみたいと考えています.

    ではまた.

    ほっと一息

    2012.02.14 19:05|雑感
    昨日受験した試験はちょっと負担になっていたようです。

    そのためか、今日は肩の力が抜けて、少しほっとしています。
    色々あり時間が取れない中で合格しなければというプレッシャーがあったのかもしれません。
    これまでは、そういうプレッシャーを楽しんでいた面もあったのですが、
    色々ある状況ではそうはいかないようです。

    ほっと一息したところですが、業務に係わる論文を2つ書かなければならず、
    大学に提出する論文も最終校正・製本しなければなりません。
    まだまだ、色々ある状況は変わらず、
    プレッシャーを楽しめる心境ではありませんが、
    自分の努力でなんとかなる課題は、
    着実に、ひとつずつ、こなして行こうと思います。

    ではまた。

    受験してきました

    2012.02.13 13:23|作業環境測定士
    午前中に受験してきました。

    午後は免除なので、午前中に衛生一般と関係法令の2科目を受験しました。
    結果は微妙なところです。
    衛生一般は20問中13問、関係法令は20問中11問は堅いと思っていますが、
    合格基準60%と比較すると、関係法令が1問足りないことになります。
    何となく選択した設問に正答が含まれていることを祈っています。

    さて、試験会場で色々と奇妙な感じを受けました。
    ・様々な免除受験者がいる。
    免除内容によって、受験番号が区分されているようで、
    試験室の中で受験者がいる範囲といない範囲が明確になっていました。
    そういえば、公害防止管理者も科目合格制になってから、あちらこちらで空白があったように思います。
    ・手作り感満載の問題用紙
    A3用紙の片面に設問を印刷したものをホチキス止めしたものでした。
    国家試験でこの体裁は…とも思いました。
    解答用紙も色々な試験で同一のものを使用しているようで、解答欄は20設問の倍以上ありました。
    これで受験料が安ければ、
    経費節減に力をいれていると理解出来るのですが、
    受験料は結構高額です…
    ・途中退出時の解答用紙の親切な確認
    途中退出する時、試験官の方が受験番号の記入漏れをしっかりと確認しているようでした。
    不備があれば教えてくれるのでしょうか…
    最後までいた場合は、どのように 対応しているのかも気になるところです。
    少なくとも、受験番号等の記入漏れがないことは確かです。

    合格発表は6週間後です。
    運を天に任せる心境です。

    ではまた。

    一夜漬け

    2012.02.12 22:34|作業環境測定士
    結局、今日も学習時間を確保することができませんでした。

    夜になってから、やっと、少し時間を取ることができ、
    全体的な学習ではなく、重要ポイントのみの再確認をしています。
    ここまできてしまったら、開き直って正答率60%狙いです。
    余裕の全くない60%狙いなので、正答の絞り込みまでは着実に行ない、
    その後の選択は運次第というところです。

    このような状態で試験を迎えるのは久しぶりです。
    一夜漬けでどうなるものではないとも思いますが、
    最後の悪あがきをしています。

    ではまた。

    テンパってます

    2012.02.09 22:37|作業環境測定士
    作業環境測定士の試験まで4日になりました。

    結局、過去問題を一巡こなした後は、何もやっていません。
    この手の資格試験には珍しく平日試験なので、
    土日をフルに活用できれば、と思いつつも色々あり、
    そういうわけにもいきそうにありません。
    出来る限り手は尽くそうと考えていますが、
    何ともならないことも時にはあるようです.

    択一試験の学習の原則、”繰り返し”にあると認識しつつも、
    十分な時間の確保ができていません。
    1日単位でやるべきことを整理し、
    最大限の効果をあげるべく取り組みたいと思います。

    2012年度の下期は、テンパリながらの半年です。

    ではまた.

    TOEIC受験申込

    2012.02.06 23:17|TOEIC
    3月18日実施のTOEICの受験申込をしました.

    最近は思うように学習がはかどらず,どうしようかと悩んでいました.
    3月の受験をスキップすると,次は5月末になってしまうので,
    受験締め切り前日の今日,申し込みをしました.

    最終準備期間は,1ヶ月あまりしかありませんが,
    少し追い込みながら,学習を続けようと思います.
    漫然とした学習も良いのですが,
    時には明確なスケジュ-ル感を持って学習するのも
    刺激的なのではと考えています.

    ところで,試験までの1ヶ月間での主な学習方法ですが,
    ”解きまくれ”シリーズを中心に行うつもりです.
    この書籍は,途中に間があいたりしているものの,
    半年以上取り組んでいることになります.
    それでも,完成度は80%と言ったところでしょうか...
    CDを聴いていて,どうしてもキャッチできない箇所や,
    読んでいて,ス-ッと頭に入ってこない文章があります.
    この辺の完成度を上げつつ,取り組みたいと思います.

    最近の漫然とした学習に活を入れ,
    短期間を集中的に学習を推進することが
    知識の定着やモチベ-ションの維持に
    効果的に働けばと考えています.

    ではまた.

    技術士口頭試験 応用理学(地質)

    2012.02.04 23:00|技術士(応用理学)
    2月になったので,技術士二次試験 口答試験の内容の記録について書きたいと思います.

    環境部門(環境保全計画),総合技術管理部門(環境),建設部門(建設環境)に続き4度目の口答試験でした.
    それでも,スタート時点では何ともいえない緊張を感じました.口答試験形式にも慣れ,自然体で対応できたと思います.

    場所はフォーラム・エイト,試験時間は40分,試験官は3名でした.
    【経歴】
    ・経歴を2・3分で説明してください
    ・大学での専門は?
    ・受験動機は?
    ・あなたの専門分野と地質分野の関係について考えていることは?
    ・○○技術の種類について
    【技術的体験論文】
    ・技術的体験論文をそこの時計で30分くらいまでで説明してください
    <業務1>
    ・技術的質疑(不明事項中心)
    <業務2>
    ・技術的質疑(コスト差や具体的方法)
    【技術に対する見識】
    ・想定を提示され,その場合の提案の仕方について
    ・注目している技術
    ・法律の制定の背景,内容について
    【技術士制度】
    ・CPDの内容と取り組みについて教えてください?
    ・応用理学-地質に係わる学会発表は?
    【技術者倫理】
    ・技術士法で定められた技術士倫理について
    ・守秘義務は誰に対しての守秘義務?

    ※ 口答試験感想
    ・経歴と体験論文を別々の説明でした.
    経歴を端折って体験論文説明に時間を掛ける予定だったのがいきなり崩れてしまいましたが,経歴説明は肉付けしながら,長めの説明に対応しました.
    ・経歴質疑の中で技術的質疑があった.また,部門・科目と専門分野の関係についての質問があった.
    もしかしたら,3名の試験官のうち1名は私の専門技術に対して知識があったが,残りの2名には知識が少なかったため,専門技術を認識していもらうための質問であったとも考えれます.
    ・時計を見ながらの体験論文説明であった.
    “その時計で30分までに説明してください“ということで,逆に時間管理が大変だった.詳述の業務概要,課題,3つある問題点のうち1つを終えたところで,残り時間が少ないことに気づき,問題点2,3,成果,展望はかなりとばして説明しました.事前に円滑な質疑が出来るように,業務概要の説明に時間を掛けようと考えていたので,その点については予定通りでした.
    技術に対する見識は専門分野の周辺技術に限られていた.
    地質一般の質疑や筆記用語問題で選択しなかった分野の質問を警戒していたのですが,そのような質問は一切なく,専門分野の周辺技術質問に限られていました.技術に対する見識が一番不安だったのですが,無難にこなすことが出来ました.
    ・3義務2責務が技術士制度ではなく,技術者倫理であることを初めて認識した...
    恥ずかしい話,3義務2責務は技術士制度に係わる事項だと思っていました.“技術士法で定められた技術士倫理について”という質問に戸惑ってしまいました.そういえば,昨年も同様の質問の仕方に戸惑ったことを思い出しました.“義務とか...”という助け舟で無難に答えました.
    全般的に,自然体で対応でき問題なかったと思います.これで落とされたら対応のしようがないのではないかと思います.

    ※平成24年度受験予定者の方へ
    受験準備は筆記試験対応が中心になってしまい,受験申込時に提出する経歴票と技術的体験論文の整合性や口答試験での経歴説明について配慮が足りないと筆記試験合格後に苦労することがあります.
    現時点で“受験部門・科目の定義”や“技術士とは”を可能な限り把握することが必要です.
    私の場合は,筆記対策,口答対策を進める中で,把握したと思っていた“受験部門・科目の定義”や“技術士とは”が認識不足であったことに気づく場合を想定して,良いのか悪いのかは別にして,経歴票にはあまり詳細を記述せず,何とでも取れるように配慮しています.

    ではまた.

    出張中

    2012.02.02 14:43|雑感
    出張先で次の打ち合わせまでの空き時間に書いています。

    先日購入したモバイルキーボードは、やはり椅子と机が無いと使いづらいにで、
    思っていた程、活躍はしていません。
    費用対効果のことを考えると、微妙ですが、手元にあるとやはり便利です。

    机と椅子がないところで、メールの返信を打つ時には、ボイス・ディクテーション・アプリを使っています。
    周りに人がいると、余り大きな声は出せないのですが、
    口元を押さえつつ、ボソボソとやっています。
    知らない人が見たら、少し異様かもしれません。
    完全にディクテーション出来ることは稀なので、
    その後、キーを使って修正する必要がありますが、
    これもまた、非常に便利です。

    どんなこともそうですが、ツールをツールとして活用しつつ、
    内容のあるアウトプットを出すことが重要だと思います。
    こんなブログを書いているようでは…
    ということは置いておいて、
    内面のツールを磨きあげ、意味のあるアウトプットを構築していきたいものです。

    ではまた。
    | 2012.02 |
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    01 | 2012/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。