スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011.07.30 23:53|技術士(応用理学)
    今日で学習に用いた一連の書籍の斜め読みを終えました.

    明日からの1週間で,これまでに作成したメモを,
    復習していこうと考えています.
    振り返ってみると,的を得た学習ができていたとは思えませんが,
    概ね計画通りであったと思います.

    今回の学習のポイントは,何といっても用語問題対応でした.
    特に,地力だけでは対応できない問題を中心に,
    本命に外された時のための対応を進めました.

    思い返してみると,
    昨年の建設部門(建設環境)受験時には,
    専門問題の準備を,ある意味,本命設問に対するものに絞ってしまったため,
    かなり無理をしながら解答していました.
    そういう意味から,今回は用語問題で本命で外されても...
    という思いで学習を進めました.

    ところで,専門問題2は,本命を外されたら一貫の終りということに,
    気付いてしまいました.過去問題だけは確認して,
    用語問題学習で得た知識で何とかなるのか見てみようと思います.

    ではまた.
    スポンサーサイト

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    必須問題の記述

    2011.07.29 23:30|技術士(応用理学)
    技術士試験の必須問題の過去問題に取り組んでみました.

    必須問題対策は,やらないで済まそうと考えていたのですが,
    思い立って,取り組んでみました.
    応用理学部門の必須問題は2ないし3設問から1問を選択する形式です.
    過去問題を見てみると,図表を元に解答させるパタ-ンの問題があり,
    昨年度のⅡ-2に取り組んでみました.

    テ-マは科学技術水準という,普段は全く考えないようなものなのですが,
    図表のみを利用してどの程度の記述ができるのかを確認することを目的にして,
    取り組んでみました.
    つまり,知識がなくても,(あった方が良いに決まっていますが,)
    書ききれるのかを確認してみました.

    結果としては,それなりに記述できたと思いましたが,
    その後,ネットで検索して見ると,
    抑えるべき知識が思ったよりあることに気付きました.

    ということで,直前になってしまいましたが,
    一度でも記述しておいて,良かったと感じています.
    本番では,知識のある設問を選択できない場合には,
    図表系問題を選択するつもりです.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    残り10日です.

    2011.07.28 23:34|技術士(応用理学)
    残すところ10日になりました.

    相変わらず用語対策を進めています.
    ところで,用語問題を含めた専門問題の採点はどのようになっているのでしょうか?

    応用理学部門(地質)の必須問題は1問三枚,選択問題は,
    Ⅰ-1用語問題が3問各一枚とⅠ-2筆記問題1問三枚の計4問選択六枚に対する設問になっています.

    技術士第二次試験実施大綱には,必須問題50点,選択問題50点の合計100点だけが示されていました.
    必須問題は1問しか解答しないので,採点はその1問に対してですが,
    選択問題は4問計6枚で50点です.

    根拠はありませんが,Ⅰ-1全体で25点,Ⅰ-2全体で25点と想定しています.
    そして,さらに根拠はありませんが,Ⅰ-1,Ⅰ-2ともに60%以上の得点率で
    A評価になるのではないかと,思いこんでいます.
    ※ 文部科学省HPで合格基準を確認しましたが,
      Ⅰ(選択)及びⅡ(必須)各60%以上が合格基準であり,
      Ⅰの中の採点詳細の記述は確認できませんでした.

    この思い込みに基づくと,
    用語問題3問中,2問が完璧な出来であれば,
    1問白紙でも得点率67%となり合格基準に達するかも...とか,
    2問が70%であれば,1問が40%の出来でも,得点率60%となり合格基準...
    とか,考えています.

    わけのわからないことを書きましたが
    何が言いたいかというと,
    完璧な答案でなくても,合格できる可能性があるので,
    知識の薄い問題を選択せざるを得ない場合であっても,
    あきらめずに,対応することによって,合格に近ずくのではと考えています.

    こんな思考も,試験直前のモチベ-ション維持方法です.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    地デジ化移行

    2011.07.26 21:49|雑感
    一部の地域を除いて,とうとう地上波が停止しました.

    家のテレビは,地デジ化への対応は済んでいたのですが,
    カ-ナビだけは,そのままの状態です.
    ということで,今週からは何も映らなくなりました.

    まぁ,それほど見るわけでもないし,
    以前に使っていた車には,カ-ナビもなかっただけに,
    別に不自由はしないだろうという思惑です.

    出勤時には,英語のリスニングのCDを聞くのと,
    朝の報道番組を(テレビですが)聞くようにしていたのですが,
    今週からは,英語のリスニングのCDを聞くのと,
    ラジオの報道番組を聞くように変わりました.

    すぐ慣れそうな気もしますが,どうでしょう...

    ではまた.

    テーマ:雑記
    ジャンル:ブログ

    残すところニ週間

    2011.07.24 23:40|技術士(応用理学)
    技術士試験まで残すところニ週間になりました.

    これまでに取り組んできたことの確認作業を行っています.
    わずかな時間ですが,効率的に使おうと思います.

    これまでの受験してきた他部門の学習方法と比較して,
    今回の学習方法は,随分と異なる方法をとりました.

    環境部門(環境保全計画),建設部門(建設環境)では,
    主に環境省などのHPから報告書などをDLして,
    そこから,大項目に係る背景・課題・解決の方向性の
    総合技術監理部門では,青本・過去問題を使った択一対策と,
    筆記対策として,自己業務を5つの管理の視点で整理しました.

    それらに対して今回は,
    書籍を中心とした用語整理にほとんどの時間をあててきました.
    用語整理は自分の言葉で理解する段階と
    専門的な用語をそのまま覚える段階にあるように感じていて,
    どちらを先に覚えても良いように思いますが,
    私の場合は,まずは自分の言葉で理解することがあっているようです.

    あとは,理解したつもりになっていないか,
    覚えたつもりになっていないかの確認作業を進めます.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    粛々と

    2011.07.20 23:23|技術士(応用理学)
    あきらめずに粛々と学習を継続しています.

    今日は出張だったので,移動時間中に学習していました.
    新規に購入した地盤調査に係る書籍を読み込んでいます.
    結局のところ,繰り返しの内容になります.
    が,定着させるには繰り返しだと考えています.

    さて,少し飽きたところで,
    地質関係の書籍のサワリの部分を読み返しました.
    全部読むのは大変そうなので,
    太字になっているキ-ワ-ドを読み飛ばしつつ,
    所々で,内容を確認しました.
    なかなか効率の良さそうな,知識の確認方法になりそうです.

    残りの時間を何にどのように使うか,
    そんなことも考えつつ,粛々と学習を継続しています.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    感動しました.

    2011.07.18 22:20|雑感
    なでしこJAPAN,素晴らしかったです.

    追いついて,追いついて,最後はPKで.
    「あきらめない気持ち」を見たように思います.

    失敗しない秘訣として,
    「成功するまでやり続けること」という意味のある人の言葉があります.

    私の目標は小さなことですが,
    あきらめない気持ちで,愚直に取り組んでいきたいと再考しました.

    ではまた.

    テーマ:思うこと
    ジャンル:学問・文化・芸術

    自己評価

    2011.07.16 23:44|技術士(応用理学)
    今日は午前中から図書館でした.

    地盤調査系の書籍からの用語整理を終え,
    次は土質試験系の書籍に取り組もうと考えていたのですが,
    過去問題を再度確認したところ,土質試験系の設問は目に付かなかったこともあり,
    ざっと目を通す程度にしておくだけにしました.
    残り3週間ということで,
    基礎固めは恐らく今週が最後になりそうです.
    とはいいつつ,ぎりぎりまで基礎固めの可能性も残っています.

    今後,詰める必要を感じているのは,
    これまでに取りまとめた資料を再度確認しつつ,
    定義・内容を簡潔にまとめ,記憶に定着させることにあります.
    何となくわかっているつもりの項目を抽出するには,
    ①キ-ワ-ドを選択
    ②実際に記述してみる.
    ③確認
    の繰り返しが重要そうです.

    読んで理解できる項目と説明できる項目を一致させていく作業だと思います.
    さらには,技術士として考えるところ...

    現時点での自己評価は,
    「まぁ,なんとか予定どおりかなぁ」
    というところです.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    またまた用語整理

    2011.07.14 21:44|技術士(応用理学)
    今日も用語整理をしつつも,
    少し前から取り組んでいた層序学関係の書籍を読破しました.

    用語整理の方では,いまさらながら,
    ”地下水位測定”について取りまとめていたのですが,
    細かなところを中心に,新たな気付きも多々ありました.

    一方,層序学についても,4つに大別される層序について,
    さわりの部分だけですが,認識することができました.

    あらためて,確認作業やちょっとした調べ物の重要性を感じました.
    直接業務に関することであっても,
    ちょっとした見落としがあるかも知れません.
    ちょっとした気づかいで確固たるバックグランドを
    構築していくことができるのではないかと考えました.

    ではまた.

    技術士 or 英語

    2011.07.12 22:48|雑感
    梅雨が明けて暑さが本気を出してきたように感じてます.

    今週から予定通り,用語問題後半対策に移行しました.
    といことで,今日取りまとめたのはサウンディング.
    標準貫入試験は取り扱った経験もあり,細かなところの再チェックでした.
    コ-ン試験関係は何となくイメ-ジが湧くのですが,
    問題は水平載荷試験の結果の利用法です.
    土質定数について,きっちりと整理する必要がありそうです.

    ところで,今日はちょっと英語について,
    まずは,sounding:鳴らすこと,測定,測深,打診という意味です.
    sounding balloonで観測気球,sounding rod :測深棒
    私の持っているsoundというイメ-ジとは少し違うようです.
    もうひとつ,vane:風向計、羽根という意味です.
    原位置べ-ンせん断試験のベ-ンです.

    これで,sounding,vaneがイメ-ジ化できたと思います.
    イメ-ジ化してあると,会話等の中で自然に使えそうです.

    イメ-ジ化と言えば,最近,読んだもので,
    「have to」のイメ-ジはなかなかおもしろかったです.
      I have to read the book.
               ×
      I have the book to read.
    上段の元々のイメ-ジは下段だということです.
    このイメ-ジは否定文にした時に顕著に表れ,
    mustとの違いが明確に分かります.

    話が飛びすぎました.

    ではまた. 

    テーマ:雑記
    ジャンル:ブログ

    残り4週間です.

    2011.07.10 22:27|技術士(応用理学)
    技術士二次試験まで,残すところ4週間になりました.

    例によって用語整理です.
    過去問題からアイソスタシ-,モホ面,
    及び,深層循環,コンドライト隕石を,
    資源関係として,ノジュ-ル,メタンハイドレ-トを,
    そして,用語問題前半,最後のまとめとして,
    変成作用,続成作用,風化作用を取りまとめました.

    明日からは,用語問題の後半を対象にして,
    取りまとめを進める予定です.
    ネタ元として,少し古い書籍になりますが,
    地盤工学会の書籍を2冊注文しました.
    用語の定義・内容を簡潔に取りまとめることに,
    役立つことを期待しています.

    さて,現在考えている今後の予定ですが,
    2週間後を目安に現状ベ-スの用語整理を終え,
    その後は,用語問題へ対応できるような知識の運用化を進めるつもりです.
    部門一般と用語以外の専門問題については,
    でたとこ勝負で対応するつもりですが,
    少し不安です...

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    技術士二次試験 受験票

    2011.07.09 23:36|技術士(応用理学)
    技術士二次試験の受験票が届きました.

    試験会場は,例年と同じです.
    母校でもあり,ある意味,ホームグランドですので,
    迎え撃ってやるという気になります.

    さて,受験票の注意書きを読んでいて,
    初めて気が付いたことがあります.
    電卓,定規は認識していましたが,
    「色鉛筆」の使用も認められているようです.

    基本的には,シャ-プペンのアンダ-ライン程度で対応できそうですが,
    図表等の作成には便利かもしれません.
    実際には,2年前の総合技術監理受験時に,
    答案に,図表を作成しました.
    その時は,注目点にアンダ-ラインを引くことで対応しましたが,
    色鉛筆を使った方がスマ-トになったようにも思います.

    図表はあくまで補助的なものなので,
    どこまで採点に影響するのか,わかりません.
    ただし,今回受験予定の用語問題への対応として,
    図表を作成する可能性はありそうです.
    準備だけはしておこうかとも考えています.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    平成23年度 土壌汚染調査技術管理者試験

    2011.07.07 23:30|土壌汚染調査管理技術者
    平成23年度の土壌汚染調査技術管理者試験の実施が,
    環境省HPでアップされていました.

    日程は次のようになっています.
     受験申請書交付期間 : 平成23年7月11日(月)~8月31日(水)
     出願期間: 平成23年8月8日(月)~9月9日(金)
     試験日  : 平成23年12月11日(日)
     合格発表: 平成24年1月18日(水)
    試験日は昨年より1週間程早くなっています.

    ざっと見ただけですが,昨年と比べて,出題分野が若干変更になっていました.
     ① 土壌汚染の調査に関する技術的事項
     ② 土壌汚染の対策並びに汚染土壌の搬出、運搬及び処理に関する技術的事項
     ③ 土壌汚染対策法その他環境関係法令に関する事項
    昨年は,さらに,
    「④ ①~③までのほか、環境の保全に関する事項」という項目があったのですが,
    無くなったようです.
    ただし,昨年の問題には,明らかに④に区分されるような設問はなかったように思います.

    受験準備をするとしたら,
    やはり,ガイドラインを中心に進めるしかなさそうですが,
    過去問題が1年分あるので,選択肢を含めて,一題一題根拠を照らし合わせて行く作業と,
    類題を予想しながらの学習が良さそうに思います.
    また,規則の改正への対応も重要です.

    ガイドライン,過去問題ともに環境省HPからダウンロ-ド出来るのは良いのですが,
    あの厚さの(読みにくい?)ガイドラインをこなすには,
    それなりの時間が必要だと思います.

    受験される方は,是非,頑張ってください.

    ではまた.

    今日も用語整理

    2011.07.06 22:23|技術士(応用理学)
    引き続き,用語整理に取り組んでいます.

    ジオパ-ク,地磁気の逆転,年代測定について取りまとめてみました.
    地磁気の逆転からは磁気層序につながりそうですが,
    十分にまとめきることはできませんでした.
    これについては深追いせずに,この程度で留めて置こうと考えています.
    一方,年代測定については,放射性同位体の利用から,
    安定同位体の利用へと発展させて,取りまとめることを考えています.

    今現在は,用語問題の前半である「2項目から1項目を選択」の部分を中心にしています.
    今週中にはいったん取りまとめを完了させ,
    用語問題の後半である「8項目から2項目を選択」に移行していこうと考えています.

    残り時間を考えると,焦りつつありますが,
    まずまず,順調といったところでしょうか.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    今日の用語整理

    2011.07.04 23:05|技術士
    引き続き用語整理に取り組んでいます.

    今日の用語は過去問題にある「活構造」について整理しました.
    活構造から断層,褶曲について取りまとめ,
    さらにモ-ル円,アスペリティという具合に,
    用語がどんどんと派生していきました.

    ちなみにアスペリティも平成18年度の過去問題となっており,
    思うつぼ,というか,狙い通りの展開です.
    私のように,机上での知識を膨らませるには,
    派生する用語を如何に抑えるかにかかっていると思います.

    地盤を扱う業務をしているものの,
    地質関係の基礎知識に対する弱みを埋める努力が必要です.
    また,答案を書ききるには,一見無関係に思える知識を,
    自己の専門に展開できないかという視点で,
    用語整理することも重要だと考えています.

    今日は少し前進したように感じました.
    残り5週間です.

    ではまた.

    応用理学(地質) 用語問題対策

    2011.07.03 23:10|技術士(応用理学)
    予定通り,用語整理を始めました.

    今日のところは,過去問題を中心に,
    シ-ケンス層序,粘土鉱物,グリ-ンタフ,鍵層に係る
    定義,内容について用語整理を行いました.

    「技術士として考えるところ」の整理も必要ですが,
    意識をしながらも,内容中心での用語整理です.

    ところで,
    シ-ケンス層序は,H18年年度に出題された後,
    昨年,再度出題されていることから,
    そのまま今年の設問になるとは思えませんが,
    他の用語の内容を説明するときに,
    これら過去問題の知識が整理されているのと,
    いないのと大きな差があると考えています.

    ということで,暫くの間,愚直に準備を進めて行こうと考えています.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    プロセスの目的化

    2011.07.02 23:56|技術士(応用理学)
    7月になりました.暑いです.

    平日の業務後の学習,休日の図書館がル-ティン化しつつあります.
    学生だったら,学習が習慣しているとことは良いことだと思いますが...

    何のために学習しているのか,目的の再確認が必要な時があるようです.
    目的によって,プロセスも変化します.
    ただし,プロセスに集中するあまりプロセスの目的化には配慮が必要だと思います.

    なんてことを考えながら,図書館での学習を楽しんでいます.

    ところで,地盤工学関係の書籍を読み終えました.
    全体像がぼんやりと俯瞰できた点と,用語に慣れた点が成果です.
    明日から,キ-ワ-ド整理に移ります.

    ではまた.

    テーマ:資格取得
    ジャンル:学問・文化・芸術

    | 2011.07 |
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    06 | 2011/07 | 08
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。