スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    まだまだこれから。

    2014.04.20 01:18|雑感
    読み方も意味もわからない漢字に出会いました.

    「邂逅」...
    調べてみると,映画,小説,楽曲,それにゲームなどにも使われているようでした.
    天体現象にも使われているようなので,もしかしたら,知らないのは少数派なのかもしれません.

    「かいこう」
    ・思いがけなく出あうこと。
    ・偶然の出あい。
    ・めぐりあい。

    語源を調べようとしたのですが,ざっと見ただけではわかりませんでした.
    連綿語と言われる語のひとつのようです.

    私にはまだまだ知らないことは沢山あるようです.
    知ってるつもりでも知らないことも沢山あるでしょう.
    齷齪せずに少しずつ理解を深めていくことも大切だと感じました.


    スポンサーサイト

    外税

    2014.04.09 13:39|雑感
    消費税が5%から8%に上がり1週間が過ぎました。

    電車賃や自動販売機の飲み物の値段が上がっていて消費税アップを実感しています。
    今日、出張先で移動中に食べるお弁当を買った時、外税表示の紛らわしさを実感しました。
    お買い得と思って手に取ったのは288円の助六弁当。
    内税だと思っていたら、価格表示の下に小さな字で本体価格とありました。
    レジでの支払額は311円、価格差は23円でした。
    わずかな差だったのですが、お買い得という気持ちが半分くらい吹き飛んでしまいました。

    内税、外税ともにルールに則った表示です。
    販売者側は今後の値札の付け替えのことを考えたのかもしれません。
    消費者側は注意深く表示を見るようになるのでしょうか。
    ダブルスタンダードの長所、短所…なかなか難しい問題だと思います。

    そういえば、SI単位系への移行時もしばらくの間はダブルスタンダードだったように思います。
    熱量をW表示で書いたレポートに対して、当時の上司にcal表示でないとわからないと言われた覚えがあります。
    示していることは同一のものでも、表示の仕方で受ける印象が違うという点で外税表示、内税表示と似ていると感じました。

    さて、消費税ネタをもうひとつ。
    ある外食チェーンでは税込価格を据え置くものと上げるものがあったそうです。
    販売者側はトータルで見て適正に消費税を転嫁したと言っていたと思います。
    販売者側としては妥当な方法だと思いますが、消費者側から見ると、購入する商品によっては過度な負担、過小な負担になってしまいます。
    トータルで見たら大差は無いのかも知れませんが、価格改定の実情を知るとおかしな気持ちになりました。
    販売者にとっては、One of them でも、私は、Only one なのです。

    ではまた。

    年度末

    2014.03.28 23:34|雑感
    2013年度も残すところ数日になりました。

    2012年度の下期から1年半の間、行っていた業務もひと区切りです。
    顧客に対しては一定の成果をあげることができたものの、所属組織への貢献は小さいものであったと思います。

    さて、2014年度が始まるわけですが、転職以来20年間続けていた業務から外れ、新たな業務に取り組むことになりました。
    大きく専門分野が変わり、これまでの経験は直接的には使えなくなることになります。
    動きながら考えていかざるを得ないのですが、技術者としての自分の考え方を信じてやっていこうと考えています。
    気分は新入社員に近いかもしれません。

    ではまた.

    三寒四温

    2014.02.03 20:05|雑感
    このところ暖かい日が続いていますが、明日からはまた冬に逆戻りのようです。

    私の住んでいるところはでは、例年数回、積雪があります。積雪量は大したことはありませんが、雪に慣れていないため、道路の渋滞は酷いものです。
    私は冬になるとスタッドレスタイヤに履き替えるようにしていますが、雪道をノーマルタイヤのまま走行する車も多々あります。
    そういう車が大渋滞の原因となっているわけですが、年数回の積雪を見越してスタッドレスタイヤに履き替えるのかは、微妙なところがあるのは理解できます。

    安全、渋滞、コスト…
    考え方は人それぞれなのでしょう。
    総監的にはそれぞれのバランスを考えて対応することになると思います。
    言い換えれば、対応に正解はなく考え方が確からしいかということかもしれません。
    リスクの受容もしかりです。

    こんなわずかな積雪の影響ですがいいことも。
    近所の坂道の交通量が減り、時折聞こえるチェーンのチャリチャリという音。
    積雪でシンと静かになった朝に聞こえてくるこの音は好きです。

    三寒四温にはまだまだ早いですね。

    近況

    2014.01.21 19:00|雑感
    最後に更新したのがいつだったのか忘れるくらいに間が空いてしまいました。

    相変わらず、公私共にバタバタと過ごしています。
    少しばかり近況を。

    知的財産管理技能士二級
    昨年の11月に受験した試験の合格発表がありました。
    自己採点では学科不合格、実技合格だったのですが、学科、実技ともに合格していました。
    単なるマークミス、記録ミスだったのかもしれませんが、配点調整があったのかもしれません。
    試験機関からは配点に関する情報は公表されていないのでなんとも言えませんが、この資格試験には配点調整という都市伝説があるようです。

    技術士受験支援
    平成25年度の口頭試験も終わり、受験された方は3月の合格発表を待つだけとなっています。
    自己採点ができない分、悶々とした時間を過ごすのは嫌なものでした。
    経験上、細かなミスは致命的にはならないと感じています。
    秋以降、社内外の方の口頭試験対策のお手伝いをしました。
    今年度から技術的体験論文の代わりに出願時に業務の詳細を提出することになったこと、口頭試験から技術に対する見識が外されたこと、口頭試験時間が大幅に短くなったことなど、昨年度とは様変わりしています。
    それでも、確認されることは、技術士にふさわしいかということだと考えています。
    出願時に提出する業務の詳細が最終合格を左右する要因になることは十分にありえることなので、次年度受験を予定されている方は今のうちに試験大綱や関連資料に目を通して置くことをお勧めします。
    私の方は、環境部門向けの択一試験用の資料、建設ー建設環境向けの筆記試験用の資料の作成に取り組んでいます。
    環境部門向けの筆記試験用の資料はどの様に取りまとめるか思案中です。

    自己研鑽
    隙間時間は英語の学習をしていますが、思うようには進んでいません。
    明確な学習計画が必要だと考えていますが、ぼちぼちとやっていこうかと思います。
    今年度は知的財産管理技能士二級を受験するだけで終わりそうですが、来年度をどうするか考えていきます。
    やりたいことはあるけれど、十分な時間が取れないことが悩みのタネです。

    ではまた
    | 2017.02 |
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    プロフィール

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。