スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    追加登録

    2013.03.09 22:17|技術士(環境)
    技術士の選択科目の追加登録が完了しました。

    1週間ぐらいはかかるのかな?と思っていたのですが、あっという間でした。
    6日(水)に追加申請を郵送して7日(木)の消印で登録証明書が返送されてきたので、
    受領したその日のうちに追加登録、証明書発行、返送をしていただいたようです。
    これで、平成24年度の技術士試験に対する取り組みも完了です。

    ではまた。
    スポンサーサイト

    技術士 追加申請

    2013.03.06 19:31|技術士(環境)
    専門科目の追加申請と登録証明書の発行申請をしました。

    今回は部門の追加ではないので、登録証はそのままです。コストがかからないのは良いのですが、環境測定を取得したことを示すのに登録証明書が必要になりました。
    初回の登録に比べると、添付する書類がないのはありがたいです。初回の登録の時には書類を集めたり、同意書に押印をもらったりと大変だったのを思い出しました。

    今回、いつもと違うのは、合格証を見ないうちに追加申請したことです。登録証を同封する必要が無かったので、出張先から直接書類を送付しました。
    合格番号の記載が必要だったので技術士会に照会したら丁寧に教えてもらうことができました。

    技術士会の会員情報には既に環境測定が追加されていたので、実際に登録されたのかは、登録証明書で確認するしかないようです。

    ではまた。

    技術士二次試験 合格発表

    2013.03.04 22:40|技術士(環境)
    技術士二次試験の合格発表がありました。

    合格された方、おめでとうございます。
    涙を飲まれた方、悔しいでしょうが、25年度に向けて新たに歩を進めて下さい。

    私は、自宅で技術士会HPから受験番号を確認し、移動中に官報で氏名を確認できました。ホッとしているところです。

    環境部門の最終合格率は、例年並に落ち着いたものの、口頭合格率は昨年に比べて、環境測定 マイナス8.0ポイント(76.2%)、自然環境保全プラス7.8ポイントと振れていました。ただし、受験者数が多くはないので、不合格者が3名から5名、8名から4名になった程度であり、誤差範囲とも言えます。
    建設部門(建設環境)、応用理学(地質)も例年並みだと思います。

    口頭試験合格率は部門、科目、年度で異なりますが、概ね75%から85%です。今年度までは、口頭試験の主要な部分を占める技術的体験論文は筆記試験後に準備すれば良かったのですが、25年度は廃止になり、出願時に業務の詳細として提出するようになります。
    出願時に作成した物が最終的な合否を決めると考えると怖いくらいです。

    技術的体験論文を準備はしていたけれど筆記不合格になった方や口頭不合格の方は、ブラッシュアップすることでリベンジして下さい。
    25年度初受験の方は業務の詳細の重要性がピンとこないかもしれません。受験体験記などを読むことで重要性を認識してしっかりと作り込んで下さい。

    私は3月中旬まで、TOEICに集中します。

    ではまた。

    技術士口頭試験の記録

    2013.02.02 23:11|技術士(環境)
    2月になったので,12月に受験した技術士環境部門(環境測定)の口頭試験の記録示します.

    全般的には,可もなく不可もなくといったところでした.
    技術的体験論文については,事実の確認作業といった感じで突っ込んだ質問はありませんでした.
    技術的体験論文の質疑の流れに乗って技術的見識を確認されたように感じましたが,
    技術的体験論文に合わせ質問を事前に準備していただいていたようにも感じました.
    例年,必ず聞かれていた3義務2責務や技術士あるいは技術士法をそのまま答える質疑はありませんでした.

    では,簡単な記録を示します.
    時間:40分
    試験官:2名(A:技術者っぽいが専門不明 ,B:協会あるいは行政関係者?)
     Aが主体に質疑を進め,Bは倫理系に対して
    導入
     どこかに宿泊したのですか?
      今日,移動してきました.
    経歴・技術的体験論文
     それでは,10分程度で経歴と技術的体験論文の説明をしてください.
      経歴,技術的体験論文を説明.事前準備した内容に補足を入れながら説明した.
     少し長かったですね.
      すみませんでした.(時計を見ると,13,4分.)
     受験動機は
      率先垂範,品質保証
    略記
     詳細な事実確認
     状況が異なる場合の対応方法について(見識か?)
    詳述
     関連事項の確認
     現状に対する見解を求められる(見識か?)
    見識
     失敗事例はありますか.
      事例を説明
     学会発表は査読付ですか
      査読付もあれば,口頭発表もある.
    制度
     継続的研鑽とは
      CPDのこと.
     専門外の研鑽にはどのようなものがあるか
      倫理,法律,専門外の技術
     どんな取り組みをしているのか.
      ネット,セミナーなど.最近参観した専門外のセミナ-について.
     守秘義務についてどのように対応していますか
      顧客と守秘義務を交わして業務をしている.
     データ改ざんを求められたら.
      リスクを説明して説得する.

    ざっと,こんな感じでした.
    今回の技術的体験論文は筆記合格発表後に作成始めましたが,
    それでも目前に迫った口頭試験を意識しながら作成しました.
    来年度は4月の受験申し込み時に「業務の詳細」として技術的体験論文に代わるものを作成する必要があります.
    その時点で,口頭試験を意識することはかなり難しいと思います.
    来年度受験予定の方は,現時点で「技術士にふさわしい」とは何かを十分に検討することをお勧めします.
    そして,受験申し込み時点で可能な限り口頭試験を意識した「経歴票」を作成してください.
    筆記合格してからは,修正することはできません.

    ではまた.

    口頭試験受験

    2012.12.16 15:37|技術士(環境)
    口頭試験を受けてきました。

    ここでは、口頭試験前後の記録にとどめ、内容については口頭試験の日程が終わってから記事にしたいと思います。

    早朝、家を出ました。途中の駅で偶然、義弟に遭いビックリです。渋谷に着き、ハチ公の隣で一服した後、道玄坂を上りました。


    道玄坂を上りはじめると、心臓が少しドキドキしました。
    運動不足なのか、道玄坂=口頭試験=緊張という条件反射なのか…
    フォーラムエイトの先のファミレスで
    試験前の恒例になっている糖分補給。
    今日はカスタードプリンにして見ました。

    ファミレスには、受験生と思われる日曜日なのにスーツを着ている方が数名いました。
    カウンターの端に座っていた方とは、"お互いに頑張りましょう"という気持ちを込めて、ニッコリと会釈をしてしまいました。この方とは店を出る前に声を掛け合うことができました。
    受験生同士、仲間意識を感じてしまうのは、何故なのでしょうか…
    一時間ほど最終確認をしていましたが、気になる点が多々出てきます。
    ここまできたら、素の自分で勝負するしかありません。
    試験開始30分前に受け付けを済ませて一旦控室に。控室はいつものオリオンホールではありませんでしたが、雰囲気は例年通り、少しピリピリしている様に感じました。

    <口頭試験 略>

    しゃべり過ぎで費やした時間は40分でした。前の受験生も短めだったと考えられるし、30分過ぎから試験官の一人は時間を気にしているようでした。

    まぁ、素の自分で勝負できたからいいかぁという気持ちです。
    感覚的には、問題ないかと思うけれど、落とされるとしたら、環境測定ではないと判断された時かと思います。

    試験終了後、そのまま8Fの喫茶店に行き、コーヒーを飲みながら、早速、口頭試験の再現を行いました。
    筆記試験の再現は真面目にやったことはないのですが、口頭試験の再現は毎年真面目にやっています。

    昼食は道玄坂を少し下った路地にあるお店で油ソバを食べました。なかなかの美味です。


    その後、次の目的地に向けて移動を開始したのですが、電車の運転見合わせに遭遇してしまい、この記事を書いています。
    行きでなくて、良かったと思います。

    ではまた。
    | 2017.04 |
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    すー

    Author:すー
    環境を業務にしている技術士(環境)他 です.資格取得,TOEICを通した英語学習や日常の雑感をアップしていきたいと思います.
    平成25年度は何に取り組もうか思案中です。
    小さな一歩でも,前進することが大切だと思っています。
    Since Jan.20,2010

    保有資格
    博士(工学)
    技術士(総監-環境)
    技術士(環境-環境保全計画)
    技術士(建設-建設環境)
    技術士(応用理学‐地質)
    技術士(環境-環境測定)
    環境計量士(濃度,騒音・振動)
    土壌汚染調査管理技術者
    公害防止管理者(大1,水1,ダ,騒振)
    一級土木施工管理技士
    一般計量士(未登録) など

    カテゴリ

    カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    FC2カウンター

    リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking

    日本ブログ村

    ページトップへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。